つるや横町で昔を思い出す|つるや吉祥亭本館(伊豆北川温泉)の宿泊体験記〜子連れ旅行〜

つるや横町で昔を思い出す


つるや横丁の100円×5枚をもらいました。

ゲームやお酒、わたがし、駄菓子、かき氷、サザエ、つまみなどに使えます。


昔なつかしい感じで、昭和初期をおもわせる雰囲気です。
シニアの男性グループが、楽しそうにパッチンで勝負していたり、
おじいちゃんが、子供に駒の遊び方を教えてあげたりしていました。




息子は、ピンポン玉すくいに挑戦。たくさん取ろうと勢いよく網を水につけ、振り上げたら、
大きな穴が開いて「あれ--??」という感じの息子。
ひとつもすくえなかった息子に、お店のおじさんが、「手ですくっていいよ」
と言ってくれて、5つほど、ボールをゲットしました。


綿菓子づくりに挑戦。100円也。

自分でつくった綿菓子に大満足。


射的なんかもあったりして。


つるや横丁の店主らしき人。(下写真)

「かき氷くださ〜い。」
「すみませ〜ん。ピンポンすくいしたいんですけどー」
「お酒いいですか〜」

といろんなお客さんから声をかけられて、大忙し。


夫は、無料の甘酒や無料のイカを2、3回リピートしていました。


▼「つるや吉祥亭本館」で検索!空き状況をチェックできます。▼